うがいするだけで感染が分かる!

クラミジアに効く薬は?副作用はある?

クラミジアに効く薬は?副作用はある?

クラミジアは感染率が高いうえ、自覚症状に乏しいため感染しやすい病気です。現在もっとも発症例が多い性感染症でもありその対策のためにも正しい知識の普及と認知が求められています。この病気は感染率が高い一方、治療はそれほど大変ではないため、なおのこと正しい理解と治療の必要性を多くの人に知ってもらう必要があるのです。

 

そんなクラミジアの治療は通常薬物投与によって行われます。使用されるのは原因となるクラミジアトラコマティスと呼ばれる病原体に効く抗生物質。具体的にはジスロマックやクラリス、クラリシッドなどに代表されるマクロライド系がよく使用されるほか、ニーキノロン系やテトラサイクリン系などが投与されることもあります。

 

治療期間は感染の進行状況によって異なりますが、短い場合では1日、長くても1週間程度。こうしてみても治療にそれほど時間がかからないことがわかります。なお、抗生物質の投与でクラミジアがなくなった場合でもすぐに治療終了とはならず、3〜四週間後に改めて検査を行い、最終的にクラミジアのリスクがなくなったと判断された段階で完治と認められます。

 

ただ、この薬の投与による治療にはひとつ注意が必要です。それは薬の副作用。抗生物質にはさまざまな副作用が見られます。クラミジアの治療によく使用されるマクロライド系のジスロマックでは下痢や吐き気、扁桃腺の腫れなどの副作用が報告されています。とくに下痢が多いようです。幸いそれほど深刻なものでも長期間続くものでもなく、長くても1週間程度で収まります。そのため治療の間に耐えなければならない副作用として割り切ることも必要かもしれません。ただし、じんましんやかゆみなど肌に副作用が現れるケースもありますから、気になる副作用が現れた場合には医師に相談して支持を仰いだ方がよいでしょう。

 

早い段階で治療を受ければ受けるほど薬を投与する期間も短くなりますし、当然副作用のリスクも低くなります。この点からもクラミジアはできるだけ早く検査を受け、しかるべき治療を受けることが求められるのです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから