うがいするだけで感染が分かる!

クラミジア検査の注意点にはどのようなものがあるでしょうか?

クラミジア検査の注意点

クラミジアに感染したかどうかは検査でしっかりと確認する必要があります。自覚症状に乏しい病気の上、淋病など他の性感染症が併発している可能性があるからです。ではそんなクラミジア検査にはどのような注意点があるのでしょうか。

 

まず潜伏期間。クラミジアは1〜3週間程度。感染から発症までにかなりの時間があるので注意が必要です。その間に性交渉をしてしまうと感染を拡大させてしまう恐れがあります。感染が発覚した後に心当たりを見極めるためにも潜伏期間をしっかりと把握しておきましょう。感染させた相手を確定することでこれ以上拡大するのを防ぐことができるからです。

 

それからパートナーがいる場合には必ず二人一緒に検査を受けること。クラミジアは自覚症状に乏しい性感染症です。パートナーの一方にだけ症状が見られたからといって相手方は感染を免れているとは限らないのです。とくに男性は症状がまったく見られないことも多いので要注意。一方がせっかく医療機関で治療して完治してもまた相手から感染させてしまうピンポン感染に陥ってしまう可能性もあります。

 

医療機関で検査を受けるのは恥ずかしいとためらってしまう人も多いはず。そんな人には自宅で検査キットがオススメです。これは申し込むとキットが送られてきて尿など体液を採取したうえで郵送すると医療機関で検査をしてくれる方法です。プライバシーを守った上で検査を行ってくれるので安心です。自覚症状がほとんどないのでわざわざ病院で検査を受けるのも…と思っている人にもオススメです。

 

もうひとつ、クラミジア検査で注意したいのは冒頭に挙げたように他の性感染症も併発していないかどうかを確認すること。とくに淋病が併発するケースが多いため、少しでも疑いがある場合には両方の検査を行っておきましょう。

 

早期の段階で適切な治療を行えば1週間程度で完治することができます。放置して感染を拡大させてしまうのがクラミジアの一番の注意点なのです。それを防ぐためにも、検査は適切なタイミングで、正しく行うことが求められます。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから