うがいするだけで感染が分かる!

症状が無くてもクラミジアに感染していることがある?

クラミジアと無症状

クラミジアは国内で100万人が発症しているとも言われる性感染症です。これだけ数が多い理由には50パーセントを超えるといわれる感染率の高さもさることながら、自覚症状が乏しい点が大きいといわれています。つまり、感染しているにも関わらずそのことに気づかないまま性交渉を行って相手に感染させてしまうのです。

 

このように、クラミジアに感染してもまったく無症状のケースも少なくありません。これは男女共通の特徴で。むしろ症状が現れる方が珍しいといわれています。なお、咽喉に感染する咽喉クラミジアも同様で、症状がほとんどあらわれないか、あらわれても風邪と見極めが難しいという厄介な点を抱えています。

 

症状がないからといって放置しておくと冒頭に挙げたように性交渉を通して感染を拡大してしまう原因となります。不特定多数と性交渉を行った場合にはその分感染がどんどん拡大してしまいますし、そうでなくても感染した状態のまま恋人と別れ、新しい恋人と付き合うようになれば感染の拡大リスクが高くなります。何しろ感染率は50パーセント。感染し続けた状態で性交渉を持ったパートナーはほぼ間違いなく感染していると見るべきなのです。

 

もうひとつ、注意したいのがピンポン感染。特定の相手としか性交渉をしない場合でも、症状があらわれた方が治療を受けるだけで済ませてしまうと無症状のパートナーの方から再び感染してしまう恐れがあるのです。一方が治療を行ってはもう一方から感染し…を卓球の球のやりとりのように繰り返すのがピンポン感染です。これを避けるためには一方がクラミジアの疑いがある場合にはたとえパートナーに症状が見られなくても揃って検査を受けることです。

 

女性の場合は無症状だからといって放置しておくと感染が子宮や卵管にまで達して子宮頸管炎や卵管炎を引き起こしてしまう恐れがあります。感染のリスクだけでなく健康にも大きな害をもたらすのです。無症状であっても性交渉を行った相手がクラミジアの症状が現れた場合には必ず早いうちに検査を受けることが絶対に必要なのです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから