うがいするだけで感染が分かる!

クラミジアに感染すると淋病になりやすいのでしょうか?

クラミジアに感染すると淋病になりやすい

クラミジアと並んで発症例が多い性感染症が淋病です。クラミジアはクラミジアトラコマティス、淋病は淋菌という病原体の感染によって発症します。じつはこの2つには深い関連があり、一方に感染するともう一方にも感染してしまう傾向が見られるのです。

 

一般的にはクラミジアに感染した人の20〜30パーセントが淋病も発症しているといわれています。つまり10人中2〜3人はクラミジアの治療だけでなく、淋病の治療も併せて行わなければならないということになります。一方の治療を行うだけでは完治することができず、治ったからと油断していると残った方の病気を他の人に感染させてしまう恐れもあるわけです。

 

どうして併発することが多いのかは詳しいメカニズムはわかっていませんが、もっとも大きな理由として挙げられるのが免疫力の低下。他の性感染症に対する免疫力が低下しているため、性交渉によって感染されやすくなってしまうのです。それからもうひとつ、クラミジアは自覚症状に乏しい病気です。そのため感染に気づかないままセックスを繰り返した結果、他の人から淋病をもらってしまうケースが多いといいます。一方淋病は痛みなどはっきりとした自覚症状が見られるため、淋病からクラミジアを合併することは少ないといわれています。それからもうひとつ、淋病の潜伏期間は約1週間に対し、クラミジアは3週間程度とタイムラグがあるのも感染のリスクを高めている要因です。

 

このように理由から、淋病の方が先に発覚するケースが多く、治療の効果が思うように進まないことからクラミジアの検査を行い、併発に気づくことが多いのです。淋病の治療を1週間続けて効果が見られない場合にはクラミジアの疑いを持つ必要があるでしょう。また、合併のリスクを考えた場合、少しでも一方の自覚症状が疑われる場合には最初の段階で両方の検査を受けておいた方が効率よく治療を行っていくことができます。両方ともHIVへの感染のリスクを高めるだけに、早めの発見と治療を心がけたいところです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから