うがいするだけで感染が分かる!

クラミジアは性交渉以外でも感染するのでしょうか?

クラミジアは性交渉以外でも感染する

数ある性感染症の中でももっとも感染者数が多いのがクラミジアです。また近年症例が急速に増加している病気でもあります。それだけ感染力が強く注意が必要なわけですが、この性感染症にはもうひとつ、性交渉以外でも感染するリスクがあるという厄介な特徴を備えています。

 

この性感染症はクラミジアトラコマティスという病原体の感染によって発症するものです。そして感染のきっかけはおもに粘膜や精液・膣分泌液との接触を通したもの。そのため、セックスはもちろん、アナルセックス、さらにはオーラルセックスによって生じることもあるのです。性交渉以外での感染でもっとも多いケースは風俗などでオーラルセックスをしたケースです。性交渉をした実に覚えがないにも関わらず感染してしまった場合のほとんどはこのケースとなります。逆に、自分が感染している状態でオーラルセックスをした場合には相手に感染させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

クラミジアの感染者数が多い理由のひとつが自覚症状に乏しい点。つまり感染していることを気づかないまま性交渉を繰り返し、感染を拡大してしまうケースが多いことです。また、パートナー両方が感染してしまっていた場合、片方か治してももう一方から再び感染させられてしまうケースも見られます。セックスをする相手に感染の疑いがあるからオーラルセックスだけで済ませたから大丈夫、と安心するわけにはいかないのです。

 

なお、アナルセックス、オーラルセックスも含めた性交渉以外で感染する可能性があるのでしょうか。こちらが気になる人も多いでしょう。咽喉クラミジアの場合はとくにキスで感染するかどうかが気になるところ。現在のところ通常のキスで感染するリスクはほとんどないされています。ただ咽喉クラミジアがかなり進行している相手とディープキスをした場合には感染率が高くなるので注意が必要です。こうしてみてもいかにこの病気の感染リスクが高いか、日ごろから注意が必要かどうかが窺えます。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから