うがいするだけで感染が分かる!

可能性は低いがディープキスなどは注意が必要

咽喉クラミジアは咽喉に感染する性感染症です。おもにオーラルセックスによって感染するため、男性の性器から女性の咽喉への感染例が多くを占めています。

 

咽喉への感染となると気になるのがキスです。性器から性器、性器から咽喉への感染が行われるのなら咽喉から咽喉への感染もあるのではないか、と誰もが思うもの。性交渉やオーラルセックスの場合は相手のことをよく知っている相手か、風俗でもない限り行う機会はありませんが、キスの場合はそうではありません。知り合って間もない人とキスをした挙句咽喉クラミジアに感染してしまった、ではたまったものではないと思う人がほとんどでしょう。

 

しかしこの点に関してはそれほど心配する必要はなさそうです。普通の唇と唇を触れ合わせる程度で咽喉クラミジアに感染する可能性はないといってよいでしょう。ただ、ディープキスのように互いの粘膜を絡み合わせるような激しい場合には注意が必要です。一方の咽喉クラミジアが進行している場合には感染してしまう可能性があります。

 

もうひとつ注意したいのが唇や健康の状態。たとえば唇が切れていたり、皮がめくれている場合には感染のリスクが高くなります。また、体調不良などで免疫力が低下している場合もその隙に乗じて病原体が入り込んでしまう恐れがあります。

 

神経質に考える必要はない、しかし感染の可能性はゼロではない。これが咽喉クラミジアとキスの関係です。ディープキスのような親密な形で行う場合には一応注意しておいた方がよさそうです。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから