うがいするだけで感染が分かる!

症状が進行してしまうと性器クラジミア以上に治りにくい

咽喉クラミジアとはその名称の通り、咽喉に感染してしまったクラミジアのことです。クラミジアといえば通常は性器に感染するものを言うため、感染した場所を特定するために「咽喉」をつけているのです。違いを明確にするため性器に感染した方を「性器クラミジア」と呼ぶ場合もあります。

 

基本的には性器クラミジアも咽喉クラミジアも内容は同じ、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる病原体が感染したことによって発症します。感染した場所が異なるだけです。他には目にも感染するケースが見られます。

 

もともとクラミジアは自覚症状に乏しく、発見が遅れてしまったり、放置したまま感染が拡大してしまう点に問題があります。咽喉クラミジアの場合はとくにその傾向が顕著です。自覚症状が見られた場合でも咽喉の痛みや違和感など風邪と似たような症状のため、自覚しないまま放置してしまうことが多いのです。症状が進行していくと性器クラジミア以上に治りにくくなってしまう点も大きな問題点です。

 

感染経路はおもにオーラルセックス。性器から口への感染が大半を占めます。そのため男性から女性へ感染するケースが多くなります。さらにコンドームを使用しても十分な対策とはならず、感染してしまうケースも見られるので注意が必要です。

 

このように、咽喉クラミジアは性器クラミジアと同じくらい厄介な性感染症です。咽喉の痛みや発熱が長期間続くようなら疑ってかかる必要があるでしょう。少なくとも性行為は避け、医療機関で診察を受けることが求められます。

うがいをするだけで感染の有無がすぐ分かる!クラミジアを含む喉のチェックと検査はこちらから